武蔵野音楽大学、日本初の私立音楽大学

武蔵野音楽大学は、1949年(認可は1929年)に練馬区へ設立された私立の音楽大学です。戦後の日本ではさまざまな私立の大学が設立されましたが、武蔵野音楽大学もその一つになります。しかし、日本で初めての私立の音楽大学で、もっとも古いとも言われています。

創立から50年以上が経過しており、今までに多数の著名人を輩出してきました。ヴァイオリニストや作曲家など、現在の音楽業界で活躍している人々の中にも、武蔵野音楽大学出身の方が少なくありません。音楽業界ののあらゆる分野で同大学出身者が活躍しています。

武蔵野音楽大学の特徴

学部

学部は音楽学部のみですが、多数の学科に分かれています。作曲や器楽、声楽など、分野ごとに細分化されていますので、自身の進みたい道によって選べるのが特徴です。音楽学のように、他の大学ではあまり見られない学科もあります。また、武蔵野音楽大学では大学院も併設しています。博士号の修士課程は前期と後期に分かれており、前期では多数の専攻過程の中から、後期は音楽のあらゆる分野についての専攻過程「音楽専攻」を選べます。

各キャンパス

キャンパスは江古田キャンパス(東京都練馬区)、入間キャンパス(埼玉県入間市)、パルナソス多摩(東京都多摩)の3つです。入間キャンパスには幼稚園や附属高校、音楽教室などの施設があります。音楽関係の施設が充実しており、特に音楽ホールは非常に特徴的です。座席数が1,000席を超えるため、日本の音楽大学が所有するホールの中でも、最大級の規模となっています。

音楽教室から大学まで運営

武蔵野音楽大学の学校法人は大学だけでなく、高校や幼稚園、音楽教室の運営も行っています。いずれも音楽に関係しており、音楽の感性を磨きたい子供や、将来は音楽関係の仕事に就きたい高校生が通っています。

日本にはさまざまな音楽大学がありますが、武蔵野音楽大学は日本でもトップクラスの実力を誇ります。将来音楽業界へと進みたい方は、是非検討してみると良いでしょう。

武蔵野音楽大学の新ロゴについて

武蔵野音楽大学が新しいロゴを発表したと話題になりましたが、実はこの音楽大学は開学して以来公式のロゴマークを制定したことがなかったようです。それに伴いロゴの必要性が叫ばれていたこともあり、公式ロゴマークとエンブレムを制定に乗り出していたわけです。

平成27年の10月に行われた理事会、評議員会にて検討が重ねられ、決定づけられるにいたりました。武蔵野音楽大学を英語にて表記すると、「MUSASHINO ACADEMIA MUSICAE」となりますが、その頭文字でもある「M」と「A」と「M」を組み合わせたロゴデザインとなっています。

デザインは松浦嚴氏が担当

この武蔵野音楽大学のロゴマークのデザインを担当したのは、松浦嚴氏というクリエイティブディレクターで、今までにありとあらゆるデザインを担当しておりますし、有名な作品も多数あります。松浦氏の作品は、あのニューヨーク近代美術館にも所蔵されており、世界的にも著名な人物なのです。

学校の頭文字でもある「M」と「A」と「M」を使用するという希望は大学側から伝えられた条件で、試行錯誤して松浦氏がデザインを制作。最終的に武蔵野音楽大学側に提出したデザインは16点ありましたが、その中の一つが実際に選定され、武蔵野音楽大学史上初のロゴとなったわけです。これまではロゴはなかったわけですし、ある意味では校章がその代わりを果たしていたのかもしれませんが、斬新さあふれるロゴマークの導入によって、大学に新しい風を吹き込むことに成功したわけですね。

大学の中には独自のロゴマークを設けていないところもたくさん存在していますが、特に最近は独自性溢れるロゴを作成して、公式サイトや公式出版物などに掲載する例が増してきました。ロゴマークが果たす役割はとても大きくて、特に武蔵野音楽大学のような芸術関係の学び舎にとっては必要不可欠といえるかもしれませんね。

松浦氏によって作成されて出来上がった新しいロゴは、シンプルでありながらも芸術性を感じさせてくれるとても素晴らしい作品に仕上がっています。また色使いも絶妙で、武蔵野音楽大学が持っている独特な雰囲気をうまく表現しているのではないでしょうか。

武蔵野音楽大学はロゴマークだけではなくて、それ以外にも新たなことにチャレンジしています。それは江古田新キャンパスの誕生であり、2017年の4月から新キャンパスでの授業がスタートしています。ロゴ、エンブレム、そして新たなキャンパスなど、武蔵野音楽大学は常に進化しています。

武蔵野音楽大学の染谷俊について

染谷俊氏は、現在48歳の音楽家で、出身大学は武蔵野音楽大学です。学部はピアノ科で卒業した後には、バンドを作って少しの間活躍をしていましたが、その後はソロデビューすることになります。誰もがソロデビューすることができるわけではありませんから、やはり何か光るものが同時からあったのでしょう。

武蔵野音楽大学は日本人であればだれもが知っているといっても過言ではない大学ですが、そこに在学中に様々なことを学び、吸収してきたのでしょう。もちろん時代が違うので、今の武蔵野音楽大学とではカリキュラムなども異なるでしょうが、今も昔もこの大学はレベルが高いですね。

染谷俊氏はシンガーソングライターとしても著名で、1990年代から数多くの作品を世に送り出しています。はじめに発売したシングル作品は、「崖っぷちの少年」で2作品めは「愛にあいたかった」、その後も多数発表していますが、シングル作品自体は最近は発表されていないようです。

そしてシングルだけではなくてアルバム作品もあって、「THE BEST”HERE!」はかなり話題になったようですね。さらに「やわらかな革命”ライブメモリアル」「KISS THE WORLD」「天真爛漫」、そして「Anthology」シリーズもよく知られている染谷俊氏の作品になります。またビデオ&DVDも多数発表していて、最新のものは2009年に発表された「365 2008SUMMER-2009SUMMER」で、オススメの作品となっています。

染谷俊氏は、有名な人に対しても楽曲を提供しており、例えば渡辺美里氏には「ミッドナイトパフェ」など、また有名アイドルのTOKIOには自身が作詞した「LESSON」を提供しています。もちろんこれはごく一部ですので、これら以外にも楽曲提供数は多いです。他にはアニメーションに参加するなどの活躍ぶりも見せており、マルチな才能を発揮しています。

ちなみにスクリーンデビューも果たしており、1993年に公開された「She’s Rain」ではW主演のうちの一人に抜擢され、1999年の「洗濯機は俺にまかせろ」にも出演しています。「洗濯機は俺にまかせろ」の主演はあの有名俳優の筒井道隆氏です。

染谷俊氏はまだまだ40代ですから、音楽家としての本番はこれからといっても過言ではありません。今まで以上の活躍を見せてくれるはずですし、誰もが驚くような作品を世の中に送り出してくれることでしょう。