武蔵野音楽大学付属幼稚園の教育方針

武蔵野音楽大学付属幼稚園には、練馬区桜台に第一幼稚園、板橋区茂根に第二幼稚園そして埼玉県入間市には武蔵野幼稚園と3つの幼稚園があります。武蔵野音楽大学付属幼稚園の教育方針は、「健康で明朗な子・考察と行動のできる子・忍耐強い子・礼儀と協調のわかる子」になるというもので、通常の一般的な幼稚園に比べてかなり特徴的だと思われます。

武蔵野音楽大学付属幼稚園、音楽教育の充実だけでない

幼児期は、人格形成に非常に重要な時期です。子どもの最も大切な時期を本幼稚園で過ごすことは大変有意義なことだと考えてください。武蔵野音楽大学付属幼稚園としての特徴である音楽教育(バイオリン等)の充実だけでなく、国際化社会に向けて必須の英語レッスン、健やかな心身を作るための体育指導などをふんだんに組み込んでいます。

将来子どもを音楽の道へ進ませたいと考えているのなら、武蔵野音楽大学付属幼稚園ほど適した環境はありません。高等学校や大学・大学院までありますから、長期にわたって教育を受けることも可能です。幼児は、音楽に対してまっすぐに興味を示します。せっかく生まれた純粋な興味の芽をつぶすようなまねはしたくないですよね。子どもの可能性を伸ばしてあげるには、最適な環境と言えるでしょう。

ただ遊び友達を作るための幼稚園ではありません。幼児期の大切な時期に、子どもたちの旺盛な好奇心を満たすことができる幼稚園なのです。もちろん、子ども本来の姿である遊びにかんしても重視しているので安心してください。詰め込み教育では、子どもがのびのびと育つことができませんからね。それに、子どもはのびのびと育ってこそ、多くのことを吸収できるものです。

武蔵野音楽大学付属幼稚園に入るには?

なお、新規入学を希望される場合は、公式サイトなどで発表される募集要項を確認してご応募ください。入園考査を受けていただき、合格した場合に入園が許可されます。毎月の保育料や年間行事の様子、子どもが1日をどんな様子で過ごすかについても、公式サイトで確認できますよ。子どもを手離す立場としては、幼稚園でどのような活動をしているのか知りたいことでしょう。

まとめ

幼稚園は、どこに入れても同じということはありません。すでに、優れた子どもは幼稚園から特別な教育を受けているものです。子どもらしさを尊重しつつも、学ぶべきことを教え、興味がある分野にかんしてはとことん追求させる環境を親や周囲が整えてあげるべきなのです。武蔵野音楽大学付属幼稚園ならば、必ず親と子ども、両方の希望を叶えることができるでしょう。